カテゴリー: 債権回収の方法

仮差押え

仮差押え

債権回収における仮差押えは、緊急性が高い場合、つまり裁判を提起してから判決を得て強制執行していたのでは時間が掛かり、回収できなくなる可能性が大きい時な…

債権譲渡

債権譲渡

債権譲渡による債権回収とは、支払いが滞ってる相手側(債務者)が持っている債権(第三者への売掛金や貸金など)を、強制執行などではなく任意でその債権を譲渡…

担保権の実行

担保権の実行

契約時に、債務不履行に備えて担保を設定していた場合、担保権の実行により強制的に債権回収を図ることができます。 担保というと、一般的には不動産に対する抵…

裁判

裁判

債権回収の方法として、弁護士の実務として一般的には、内容証明郵便の送付で回収の見込みが無い場合は、訴訟を提起つまり裁判を行うということになります。 訴…

少額訴訟

少額訴訟

債権回収をしたいが債権額が低く、弁護士に依頼するとコスト的に割に合わないといったこともあるのではないでしょうか。 そのようなケースでは、ご自身で少額訴…

民事調停

民事調停

  民事調停は、裁判所に申し立てることにより行われますが、判決ではなく当事者同士の合意により解決が図られますので、裁判外紛争解決手続(ADR…

支払督促

支払督促

  支払督促とは、裁判所を通して相手先に支払いの命令を出す制度です。 裁判所では支払督促について以下の様に説明されています。 支払督促 金銭…

内容証明

内容証明郵便

内容証明郵便は、郵便局が「いつ、どのような内容の文書を誰から誰に差し出されたか」を証明してくれる制度です。 債権回収の督促状だけではなく、例えば損害賠…